授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地域環境保全研究
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

谷晋(4号館4階:総合教育センター事務室:内線4830・
4831)
授業の目標
本学近郊の丹沢山地は、1980年代から自然環境の荒廃が著しく、さまざまな
環境問題をかかえ、その保全が急務とされてきた。現在、行政と専門家、市民が一
体となって、大規模な自然再生事業が進められているが、まもなく現地調査に基づ
いた新保全計画が策定され、具体的な自然再生事業がスタートする。この授業で
は、丹沢地域を対象として、自然再生の企画・方法・提言の詳細を検討し、自然保
全のありかたと自然再生の進め方を学ぶ。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 講義だけでなく演習が重視される。演習内容は多様であり、積極的に取り組む姿勢が
求められる。課題解決型の演習には、学生による自主演習が含まれる。
学部・学科必修/選択の別
人間環境学研究科             人間環境学専攻              修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成