授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 造形芸術理論特講(材料系)
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

渡辺 郁夫 講師

芸術学科美術学課程準備室 内線3470

授業の目標
造型芸術理論特講は美術学・デザイン学両分野の学生に向けて開講する選択科目である。授
業で修得する内容を単なる「知識」としてではなく、個々の専門領域に活かす方法を体得し
てもらいたい。
本授業では(【美術学】【デザイン学】から選択)分野の視点から、造型芸術に関する知
識・技能・批評等の理論を学ぶことを目的としている。
造型芸術理論特講(材料系)は、分野の教員が担当する。ここでは、主として絵画を技法・
材料的側面から考察する。「絵画の構造、組み立て」ということに着目し、基本的な絵画技
術の基礎知識をヨーロッパのフランドル古典絵画に学び、絵画材料の特性を知り、様々な絵
具を個別的のみならず体系的に理解することを目標とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

美術・デザイン学分野の担当教員に関わらず、学生個々の研究テーマに適した履修選択が大切で
ある。また担当教員が想定する授業スケジュールや授業の進め方(シラバス詳細)を確認しなが
ら、計画的かつ段階的に受講できる準備と姿勢が望まれる。
学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成