授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 造形芸術理論特講(美術史系B)
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

亀崎 勝 講師

芸術学科美術学課程準備室 内線3470

授業の目標
造型芸術理論特講は美術学・デザイン学両分野の学生に向けて開講する選択科目である。授
業で修得する内容を単なる「知識」としてではなく、個々の専門領域に活かす方法を体得し
てもらいたい。
本授業では(【美術学】【デザイン学】から選択)分野の視点から、造型芸術に関する知
識・技能・批評等の理論を学ぶことを目的としている。
造型芸術理論特講(美術史系B)は、美術史分野の教員が担当する。ここでは、主として講
義、演習、原典講読などのいずれか、あるいはそれらを複合的に行い、美術史の個別研究へ
の理解を深めるを目標とする。美術史のテーマは、時代、様式、図像、技法、地域、影響、
作家、作品など多岐にわたるが、そのいずれかを中心に授業を行う。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

美術・デザイン学分野の担当教員に関わらず、学生個々の研究テーマに適した履修選択が大
切である。また担当教員が想定する授業スケジュールや授業の進め方(シラバス詳細)を確
認しながら、計画的かつ段階的に受講できる準備と姿勢が望まれる。
講義内容の理解には西洋美術史の基礎の修得が前提となるので、概説書や研究書に親しむよ
う心掛けるとともに、美術館や展覧会に足を運び、実作品に触れるよう心掛けられたい。ま
た授業で学んだことについても、図書館などで確認し、また予習を行うなどして、授業内容
について自分なりの理解を持つよう務めることが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
芸術学研究科               造型芸術専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成