授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 代数学D
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先


本年度は開講せず.





授業の目標
この科目は通常「代数学C」と同学期に開講され、「代数学A,B」から続く科目で
ある。
 一言で「代数学」といってもその内容は広汎で、過去に扱われた分野も「整数論」、
「代数幾何」、「可換環論」等の多岐にわたっている。(実はこれらの各分野がさらに
個別の領域に細分されると同時に、各分野の境界に位置する領域もある。)
 したがって、授業内容は担当者により、また学期により異なるが、学部で履修した代
数学の基礎知識を礎にして、代数学の種々の専門分野への入門的な事柄について、セミ
ナーを行う。
 授業は指定されたテキストの、受講者による輪講形式で行う。受講者間、または担当者
との質疑応答を通じて代数学の各専門分野の基礎知識を身につけるのが目標である。
 セミナー形式の授業であるから、扱われるテーマに対する受講者の積極性と努力を前
提としている。発表に際しては、他者に対して明確な説明ができるように、また質問に
対しては的確な答えができるように、入念な準備が必要である。ただ与えられたテキス
トをこなすだけではなく、先を見通しながら明快なプレゼンテーションを行う訓練の場
でもある。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項


  上記の様に、「代数学A,B,C」とあわせてワンセットになる科目である。
 また、「代数学特論」、「代数学通論」もあわせて履修することが望ましい。 
 ほぼ毎週セミナーで発表することになるので、日頃の努力を継続すること。

学部・学科必修/選択の別
理学研究科                数理科学専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成