授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 幾何学C
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

桐木 紳 教授
授業の目標
  幾何学Bに引き続き、各担当者の専門分野に関する論文を読みながら、論文を書く準備
をするのが本コースの最大の目標である。  各自に与えられた論文を精読し、確実に理
解することが大事である。与えられた論文を、各指導教員の前で発表をする。与えられ
た論文のあらゆる場合について、チェックをしなければならない。そして、その論文が
あたかも自分が書いたものであるかのように考え、指導教員のありとあらゆる質問に確
実に答えなければならない。  各自に与えられた論文を精読し、確実に理解することが
大事である。与えられた論文を、各指導教員の前で発表をするときの発表の仕方も大事
である。与えられた論文のあらゆる場合についてのチェックの仕方は非常に大事であ
る。そして、指導教員の質問に対する解答は口頭試問であると思うことが大事である。
 読破すべき論文は主に次の分野から選ばれる。

       ====== 主なトピックス =====

曲線論  曲面論  3次元及び4次元多様体論   結び目理論  双曲力学系 コン
ピュータグラフィックス など
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

幾何学特論A、B,C,D と幾何学通論も履修することが望ましい。
与えられた論文だけを読めばよいとは考えないこと。即ち、与えられた論文に関係す
る論文を調べ、それらの論文も読み込んでおくことが大事である。勿論その論文に関係
する教科書も再読しておくに越したことはない。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                数理科学専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成