授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 解析学C
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

古谷康雄 教授
授業の目標
目標: 博士課程前期の学生に対して、解析学の論文作成のための基礎知識を与え研
究能力を養うことを目標とする。講義では、偏微分方程式の一般論を展開する。

                         
                           授業要旨または授業概要
 偏微分方程式論を講義する。

1. 波動方程式、クライン・ゴルドン方程式、シュレディンガー方程式、熱方程
式、キルヒホッフ方程式、楕円型方程式などのうちいくつかを取り上げ、解の構造を
研究する。

2. フーリエ変換、擬微分作用素、フーリエ積分作用素などの基礎理論を講義し、
それらの偏微分方程式への応用を研究する。

 さらに、上記の講義に加え、

       1.双曲型偏微分方程式

       2.楕円型偏微分方程式

       3.放物型偏微分方程式

などを中心にした偏微分方程式の古典的理論に触れる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

解析学A,B,Dと関連している。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                数理科学専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成