授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 解析学通論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

伊藤 達夫 教授
授業の目標
博士課程前期の学生に対して現代解析学の基礎となる理論を随時選んで解説し、解析
学の考え方を
理解し身につけさせることを目標とする。主な内容は以下の通りである。

                       1. フーリェ解析の初等的理論

                       2. 常微分方程式の定性的理論

                       3. 偏微分方程式論の初等的理論

                                A.双曲型偏微分方程式
                                B.楕円型偏微分方程式
                                C.放物型偏微分方程式
             
                            などを中心にした偏微分方程式の古典的理論
 
                       4. 複素関数論

                       5. 関数解析

                                 A.ヒルベルト空間及びバナッハ空間の理論
                                 B.線形半群の理論
                                 C.スペクトル分解の理論
                                 D.関数空間論

                       6. 測度論及び積分論

                       7. ベクトル解析
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学部で学んだ数学を基礎とするので、繰り返し復習すること。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                数理科学専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成