授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 幾何学特論D
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

桐木 紳 教授
志摩亜希子教授
授業の目標
  各担当者の専門分野に関する教科書を読みながら、論文を読む準備をするのが本コー
スの最大の目標である。  多くの場合、各自に与えられた教科書を精読する。与えられ
た教科書のあらゆる定義や定理などを確実に理解することが大事である。時には、与え
られた教科書の一部を、各指導教員の前で発表をする。また、指導教員から教科書に書
かれていることに関する問題や課題が与えられる。読破すべき教科書は主に次の分野か
ら選ばれる。  各自に与えられた教科書を精読し、確実に理解することが大事である。
与えられた教科書の一部を、指導教員の前で発表をするときの発表の仕方も大事であ
る。指導教員の与える問題に対する解答は丁寧に書き、添削された答案に書かれている
注意事項をよく読むことが大事である。
  

       ====== 主なトピックス =====
3次元及び4次元多様体論   結び目理論  双曲力学系 微分幾何学
コンピュータグラフィックス
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

与えられた問題は独自のアイデアを工夫して入れるように努力することが大事であ
る。論文を読んだり、書いたりするための準備であることを忘れずに、各定義や定理を
各自が証明をしているのだと想定して取り組むことが大事である。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                数理科学専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成