授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 教育数学特論B
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

前田 陽一 教授
板井 昌典 教授
土屋 守正 教授
授業の目標
放浪の数学者ポール・エルデシュは、数学の素晴らしい証明の載ったザ・ブックがあ
り、その本の証明について語りましょうといつも言っていました。また、数学の真理
は
不変であり、物理的現象の外にあるという数学者もいます。このように、数学に携わ
る者は、定理や証明の美に関して敏感であり、理解を示しています。
 本講義では、以上のような数学の美を伝えるための方法について、体系的観点、歴
史的観点、視覚的観点、実用的観点等の様々な観点から扱います。代数、幾何、解
析、確率、統計、数理論理学、離散数学、情報科学、応用数理学等の専門性の高い内
容を具体的にどのように伝えればよいかについて扱います。教育数学特論2では特
に、数理論理学、応用数理学等に中心をおきます。
 これらのことを通して、現代社会で最も求められている能力、すなわち、様々な断
片を持ち、それらを組み立てる能力すなわち数理科学的能力を養います。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

教育数学特論A,C,Dと関連している。特に履修の前提とする科目はないが,数学教
育そのものに興味と熱意を持っていることが必要である.伝統的な代数・解析・幾何系
および近代的な離散数学・確率統計・数理論理系さらに情報処理系とも関連している.
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                数理科学専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成