授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 幾何・コンピュータグラフィックス特論C
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

原 正雄 准教授
授業の目標
幾何・コンピュータグラフィックスA−Dと同様に、各担当者の専門分野に関する論
文文献を読みながら、論文を書く準備をするのが本コースの最大の目標である。
本コースでは幾何・コンピュータグラフィックスA-Dの補完の意味も込めて、上記
コースよりやや広い視野に立ってテーマを選ぶ。
大学院生は指導教員から示された論文や文献をただ漫然と読むのではなく、常に問題
意識を持って読むこと。また、指導教員と積極的に意見を交換し、各自のテーマに対
する認識を深める必要がある。
論文を書くに当たっては、自分の研究テーマの目的、目標は何か、自分の研究がその
分野の中でどこに位置づけられるのか、理論的なバックグラウンドは何か、理論を実
現するためのアルゴリズムはどのようになっているか、など、自分の研究の理論的な
構造を常にしっかりと把握しておく必要がある。また、それを外部に解説できるだけ
の実力を付ける必要がある。

主なトピックス
計算位相幾何学,位相幾何学,計算幾何学,コンピュータグラフフィックス
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

先修条件は無い。
情報数理学科の幾何学序論、あるいはこれと同等の内容の授業を履修していることが
望ましい。また、C,C++、Javaのどれかの言語によるプログラミングが
できることが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                数理科学専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成