授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 相対論特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

111496:藤城 武彦
授業の目標
相対論特論1では、一般相対性理論の基礎習得を目標とします。特に、曲がった空間
の数学的な取扱に慣れること、一般相対性理論の中でも重要な方程式である測地線の
方程式とアインシュタインの重力場の方程式の基礎を学ぶことに重点を置いて講義し
ます。引き続く相対論特論2では、一般相対性理論の応用として、ブラックホールや
相対論的宇宙論について学びます。

相対論特論1と相対論特論2は、合わせて1つの完結した講義になるよう準備されて
いるので、1年間連続して受講されることを強く推奨します。なお、相対論特論1で
は特殊相対性理論と微積分の初歩は既知であることを前提とします。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

復習として各回に示す計算に習熟し、その概念を理解すること。一般相対性理論では数多
くの添字を伴うテンソル計算が多く登場します。講義時にはできるだけゆっくりと式の取
り扱い方を示しますが、皆さんも予習・復習して下さい。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成