授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 素粒子論特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

122035:安江 正樹
授業の目標
調和振動子による粒子の生成消滅演算子導入から始まり、Klein-Goldon方程式・
Dirac方程式・電磁場方程式を満たす場による粒子の記述に焦点が当てられます。
(1)素粒子の生成消滅の記述を理解する
(2)素粒子の場の定義からその反応を理解する
(3)散乱状態の計算方法を習得する.
学部レベルの素粒子物理学の基礎を前提知識としています。初めて素粒子理論を学ぼ
うとする意欲的な学生さんの受講も大歓迎ですが、前提知識を復習する時間が講義内
では取れません。自習で補うようにお願いいたします。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

講義録を復習すること。http://phys.cool.coocan.jp/physjpn/field.htm
に使用する講義録を印刷したPDFファイルがあるので、講義に備えて各自でダウンロー
ドすること。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成