授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生命の分子物理学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

 068499:八木原 晋
授業の目標
生命の分子物理学特論2では,大学院で生命や物質の構造や性質・機能の分子機構を
研究するために必要な,分子レベルでの情報論・理論的解釈の基本的な知識や考え
方,そしてこれらの専門的な応用の実際について学び,身につける.
なぜ複雑な物質によって,自己組織化による秩序系が存在するのだろうか?分子複雑
系物質群の構造と物性から分子生物学研究のための基礎的な事項を考えていく。まず
生体関連分子・物質の構造と物性・機能との関連を確認する。セントラルドグマの考
え方を示し,これまでこの概念がどのように用いられてきたか,またどのような問題
や疑問が提出されてきたか等について,生体の秩序形成と情報保持・伝達の分子機構
との関連から考えていく。(生命などの複雑系の構造・機能の分子レベルでの構造論
的解釈は生命の分子物理学特論1で扱う).

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

講義の最後に,次回講義までに考えておくべきことを指示するので,考えを整理して講義
に臨むこと。また講義後は講義内容について復習し,疑問点を整理して次回講義にて質問
すること。
化学結合論の初歩が不十分な場合は,学部の「分子物理学」程度の内容を自習しておく
ことが望まれる。質問については,授業の他.授業時間外には研究室にて受け付ける.
少人数での授業なので,授業や履修に関する質問はもちろん,自身の研究活動との関連な
どについても幅広く疑問や問題の提案を受け容れることが可能である。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成