授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 宇宙放射線計測学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

231675:河内 明子
授業の目標
宇宙から飛来する粒子(宇宙線)、ガンマ線、ニュートリノ等の放射線・粒子の検出原
理を理解した後、実際の実験装置の開発等に関する最新の原著論文などを題材にした
検討、解説を行う。並行してデータ解析の基礎、誤差処理などを学ぶ。次回の授業内
容に対して課題を予習し、また、授業中の質問等を翌週までに復習してもらう。
  (1)放射線検出の原理について応用知識を身に付ける。
  (2)宇宙線等の実験装置の原著論文を読めるようになる。
  (3)最新の実験装置について知見を深める。
   (4) データ処理に伴う誤差やシミュレーションの応用知識を身に付ける。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

原著論文や会議集録などを随時指導する。質問については,授業内や授業終了時に積極的
に行って欲しい.授業時間外の質問は,研究室にて受け付ける.


学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成