授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 知的財産権法特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

A11701:杉山 太一
授業の目標
1.専門分野の理解力
      知財面で、コンプライアンス上遵守すべき事項の可、不可項目を理解すること。
2.科学的で総合的な思考力
      どうすれば、発明になり、どうすれば、特許になるか、を理解すること。
3.実践力
      @特許制度を理解し、最終的に、特許出願できるスキルを育成(春秋を通じて)。
      A先行技術調査として、特許検索ができて、特許公報が読めること。
最終ゴールとして、生涯学習として、発明・特許他活動を楽しみ、皆さんの人生を心豊
かなものにしていく。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

法学部のような条文解釈でなく、発明開発者にとって、実戦で役立つことを目指したく。
そのため、
1.発明品などの実物、実例、トピックニュースなど、の身近な理工学的な事例を増や
す。
2.一方通行の講義でなく、双方向で、議論できる場を増やす。
学部・学科必修/選択の別
理学研究科                物理学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成