授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 スポーツ心理学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

武田 大輔
授業の目標
 近年の体育・スポーツ・運動に関する心理学の特徴は、アスリートの心理的サポ
ートに基づく競技者の競技力向上(応用スポーツ心理学)にとどまらず、人々
のQOL(生活の質)の向上のための体育・スポーツ・運動に関する研究と実践が
めざましい点にある。
 そこで、授業では、子どもたちの健康・体力の増進と人間形成を教育目標とする
体育心理学(psychology of physical education)、運動・スポーツの心理学的メ
カニズムを解明するスポーツ心理学(sport psychology)、身体・心理・社会的な健
康づくりを志向する運動心理学(exercise psychology)のトピックスをとりあげ教授
する。
 とりあげる授業内容は、体育・スポーツ・運動に関する心理学の研究領域の概
観、運動の学習と動機づけ、体育・スポーツ・運動における指導者のリーダーシッ
プとコミュニケーションの役割、運動の継続実施を図る行動変容理論とその技法、
アスリートのバーンアウト(スポーツ臨床心理学)である。授業目標は、受講者が
それらに関して理解し、活用する力を身につけることである。
 本授業は「スポーツ科学」領域の授業科目である。なお、本授業は、実験・実習
に基づく研究実践授業である「体育心理学演習」の基礎科目として位置づけられ
る。
 



成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

・吉川政夫教授に研究指導を受けている院生は、当科目の修得が修了の要件となりま 
 す。
・吉川政夫教授に研究指導を受ける予定の学部学生の先行履修はできません。
・なお、「体育心理学特論」と「体育心理学演習」を履修する学生は、履修に際し
 て、「体育心理学特論」を履修して後、「体育心理学演習」を履修することが望まし
 い。
学部・学科必修/選択の別
体育学研究科               体育学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成