授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 体力学特別実習
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

内山 秀一
授業の目標
 「体力学」は、運動生理学やバイオメカニクスを基礎とした応用スポーツ科学と
して位置づけられる。すなわち、運動生理学やバイオメカニクスの知識や研究方法
によって、ヒトの体力を評価し、体力を維持・向上させる方法論や指標を構築する
ことが体力学の目的と言える。
 この演習では、「体力学特論」で学んだ国内外における体力のとらえ方をもと
に、体力の維持・向上のための手法と評価方法を具体的に学ぶ。特に、体力を構成
する要素である「心肺持久力」「筋力及び筋持久力」「柔軟性」「身体組成」など
の概念を明確にし、各自が測定者および被測定者となり、各要素の測定やその評価
を行う。さらに、各体力要素を維持・向上させるための手法(トレーニング方法)
を試み、それらの結果や問題点から、新たな評価指標や測定方法を検討する。
 これらのことから、人間の生存の基礎となる体力や身体活動の必要性、またそれ
らに関連する諸問題についての理解を深める。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

実際の測定を行うことから、それに応じた準備(服装等)が必要となる。
内山秀一教授に研究指導を受けている院生は、当科目の修得が修了の要件となる。
内山秀一教授に研究指導を受ける予定の学生は、当科目の先行履修できません。
学部・学科必修/選択の別
体育学研究科               体育学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成