授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生物統計学
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

小林広幸教授

授業の目標
臨床研究を計画 ・ 実施解析する際に、必要な医療統計の基礎理論の理解と、実技
スキルを深めることを目的とする。
臨床研究において比較的使用頻度の多い、2群間比較 (t検定、χ2検定)、分散
分析、線型回帰分析などについて、明快な演習をもとにそれらの統計手法について
習得し、その際、それぞれの手法の適応と前提条件に習熟する。
標準的な統計ソフトのひとつで扱いやすいSPSSと自由度の高いRを併用し、変数の
作成やデータの切り分けなどの統計解析段階でのデータマネジメントも習得する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

自らのデータを有する場合、持参することが望ましい。

時間的余裕があれば、次の教科書に目を通しておくこと。
一目でわかる医科統計学(第2版):メディカルサイエンスインターナショナル、2006

学部・学科必修/選択の別
医学研究科                医科学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成