授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 保健実践技術論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

錦戸典子(教授)、加藤憲忠(非常勤講師)
授業の目標
 保健活動における実践力の向上を目指して、個人・集団・組織に対する働きかけ
の理論・技術、1次予防〜3次予防活動それぞれの意義と留意点、ならびにそれらの
活動間のつながりについて主体的に学ぶとともに、自らの実践経験を含めて考察
し、理解を深める。
 特に、近年必要性が高まっているメンタルヘルス対策を例に、それぞれの活動を
どのように組み合わせるべきか、事例に基づくシミュレーション学習などを通し
て、実践的な支援技術の向上を目指す。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

プレゼンテーション、ディスカッション、ロールプレイ、ケースメソッドなどを取り入
れた参加型の授業方式で進めるので、あらかじめ提示された課題について事前準備を
しっかり行い、積極的に参加することが必要となる。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成