授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 遺伝看護学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

横山 寛子
溝口 満子

授業の目標
遺伝看護学の入門として、遺伝医療・看護の歴史的考察、国内外の遺伝問題や遺伝
サービス状況を理解すると共に、遺伝的課題を持つ人の理解とそれらに対する遺伝
看護の役割、看護者としての態度のありようを学ぶ。             
        
1)ヒトゲノム研究が保健医療にもたらした影響を理解する。
2)日本及び各国の保健医療システムにおける遺伝サービスの現状と問題を理解す
  る。
3)遺伝的課題を持つ対象を理解し、看護の役割・方法の概要を理解する。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

1)履修のポイント
 @初年度に履修することが望ましい。
 A文献レビューや事例をもとにできる限り討議形式で進める。

2)留意事項
   遺伝看護学専門看護師の取得を目指す者は、必修科目である。



学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成