授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 家族援助論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

井上玲子 菅野和恵 阿部正昭 新井陽子
授業の目標
家族援助論1で学習した家族アセスメントに引き続いて、家族面接技法、介入、評
価と家族看護過程の一連のプロセスを習得し実践力を養う。さらに家族支援プログ
ラムの開発、介入、評価へと発展していく。
したがって、以下を到達目標とする。
1.家族面接の基礎技法が身につく。                 
2.家族機能尺度の活用、家族介入、家族介入評価の一連の家族看護過程の展開が
できる。
3.他職種による家族介入の技法を学習する。
4.家族介入プログラムの開発、介入、評価の一連の過程が理解できる。    
   

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この科目は、一連の家族看護学習の集大成ともなるため、他職種による家族介入の実際
から自分の家族看護感へと発展させていくことが望まれる。したがって、最終セメス
ターに履修することが理想である。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成