授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 がん看護学特論2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

庄村雅子 佐藤幹代 井上玲子  
授業の目標
【育成する力】がん看護専門看護師としての高度実践を理論を応用して客観的に分析
し、がん看護実践における成果と課題を、根拠をもち伝える力をつける

【授業概要・要旨】
@がん患者とその家族への看護実践を、概念・理論・モデルを用いて分析し、がんの
様々な局面、及び地域、外来・入院、施設など多様な場に応じたアセスメントや援助
法について探求する能力を高める。
Aがん患者とその家族への高度な看護実践に必要なアセスメント方法を習得し,がん
看護の特定領域である化学療法看護、緩和ケアにおけるアセスメントと看護援助を発
展させる能力を高める。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

1.最新の国内外のがん看護領域に関する文献および書籍や資料を主体的に精読しておくこと。
2.授業から得た知識を応用して,がん看護専門看護師の役割を高めるのに必要な学びを深める
こと。
3.既習の授業知識は十分に整理,習熟のもとで授業にのぞむこと。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成