授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 材料加工学基礎特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

葛巻 徹 教授
湘南校舎G棟2F材料科学科第10研究室(内線4211)
授業の目標
本授業では材料形成のための各種加工技術の基礎と応用について大学院レベルで学
び、自ら考える力を養い、時代の変化に対応する専門力、材料工学の技術分野へ貢
献する力、また、将来の材料科学の発展に寄与する力の育成を目指す。我が国の経
済・産業の持続的発展のためには基礎科学の進展とそれを社会に還元するための技
術の発展が不可欠である。特に現代工業の基盤技術である材料の加工においては、
単に経済原理一辺倒だった工業生産工程を見直し、原材料・素材の選択からリサイ
クルまでを含めた材料設計を行う必要がある。すなわち、材料のライフサイクル全
体を考慮し、資源を有効利用しつつより高性能な材料作りをしていくことが要求さ
れる。本授業では、近年研究開発が著しい原子・分子レベルでの材料合成及び加工
技術についての基礎知識と次世代技術としての応用について講義するとともに、院
生自らが次世代加工技術について能動的に調査・検討し得るよう工夫する。

成績評価の方法
成績評価は授業内で課す演習(50%)とレポート課題(50%)によって、S, A, B, C, Eで
評価する。
履修のポイント
留意事項

 教科書は特に使用しない。各回必要に応じて資料を配付する。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理化学専攻              修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成