授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 エネルギー材料物理学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

内田裕久
授業の目標
 原子力、火力、水力、再生可能エネルギーは、電気や熱に変換されて利用される。
したがってエネルギー変換、貯蔵、輸送といった機能を支える材料をミクロな原子や
量子の視点から理解し、学ぶ必要がある。本講義では、金属材料を中心に、結晶構
造、欠陥、原子の拡散機構、機械的性質を原子のレベルで理解し、その後、熱力学の
基本を学び、化学的エネルギー(ギブスの自由エネルギー)の概念を導入し、物質の
状態変化、安定性、化学反応の進み方について学び、材料の基本的な特性と重要な役
割を総合的に学ぶ。
成績評価の方法
 成績評価は授業内で課すプレゼン・演習(50%)とレポート課題(50%)によって、到達
度90%以上で「S」、80%以上で「A」、70%以上で「B」、60%以上で
「C」、60%未満は「E」とします。出席は成績評価には関係しませんが、出席が
2/3に満たない場合は「/」と評価する。
履修のポイント
留意事項

 Every student or participant of this lecture is expected to give a
presentation about a fixed subject given before as a home task. Please prepare
your presentation, and give your presentation to all other participants of this
lecture. Your presentation will be highly rated in your score.  This lecture
will be given in English. However, lecture may be given patly in Japanese in
accordance with requirement of lecture participants. 

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理化学専攻              修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成