授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 材料強度学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

ブンダリッヒ・ビルフリド
授業の目標
材料強度を開発するための基礎的な理解を学び、特に金属の塑性変形・転位・欠陥か
ら物性を説明します。簡単な計算問題を説明します。または英語で専門表現を学びま
す。毎回の宿題問題を回答し、毎週一回のミニッツペーパ及びレポートを提出しなが
ら、勉強します。この授業は英語の科目です。
 Achievement of the learning goal. The strength of materials will be
explained in terms of plastic deformations, dislocations, defects, fatigue.
In each lecture the answer of important questions will be provided, and the
student writes them on a minutes-paper, which is collected. In the case of
absence students can provide the minutes paper afterward. This lecture will
be held in English and students from other departments are welcome. 

成績評価の方法
レポート数は電子メールで15回を提出する予定。レポートを2/3以上(10回以上)
出した学生は、定期試験に参加することができる。達成度S, A,B,Cは、中間テスト
(40点)、レポートと出席(10点)と定期試験(50点)により決まる。S, A,B,C評
価は定期試験で90%、80%、70%、60%以上の学習達成度をそれぞれ越えた学生群で
ある。レポートを出すことは大事であるが、出席は毎回を調べている。
Judgment method: There are 15 lectures. Students who have attended more
than 66% are allowed to participate in the final examination. The score is
summed up by the middle test (40 points), the minutes papers (10 points) and
the final examination (50 points). The score S,A,B,C is given when more tha
90,80,70 or 60 points are achieved. 

履修のポイント
留意事項

配布資料を配りので、教科書は必要ではない。Handouts will be provided for each
lecture in advance. 
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理化学専攻              修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成