授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 機能材料学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

山田 豊
湘南校舎G館1階第1研究室(内線4201)
E-mail address:yyamaday@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp
授業の目標
 電気的、磁気的に優れた特性を持つ材料は、現在の工業技術の鍵として重要視されて
いる。本特論では、特に超伝導材料について、超伝導のバイブルと言われる M. N.
Wilson 著 Superconducting Magnet から、Introdution と Superconducting
Materials and Their Manufactureについて講義する。代表的な超伝導材料とその基
本特性を理解するとともに、ますます高度化する様々な産業分野に超伝導を応用する
力を養うことを本特論の目標とする。
成績評価の方法
レポート:50%、英文講読時の評価:30%及び授業時の小試験や演習:20% 
(計100%) とし、学期末の試験は行わない。原則として東海大学学修に関する
規則に従ってS,A,B,C,D及び/を評価し、出席は成績評価には関係しない
が、出席が2/3に満たない場合は単位を認定しない。

履修のポイント
留意事項

 講義に加え、英文講読や演習、小レポートなどを課すので積極的に取り組んでほし
い。日本の誇る超伝導材料の研究・開発の歴史には、興味深いものがある。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理化学専攻              修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成