授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 セラミックス材料学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

松下 純一 教授 湘南校舎17号館2階〈第8研究室)内線4186
授業の目標
 いくつかの炭化物、チッ化物およびホウ化物材料は、有用なニューセラミックス
としてのエンジニアリング材料です。本授業では、新しい先端セラミックスを学
習するために、焼結によって得られるエンジニアリングナノセラミックスを取り上
げます。特に、高温構造材料用セラミックスのキャラクタリゼーションを中心に授
業を行います。
成績評価の方法
 欠席回数が全授業回数の1/3以下(出席回数が全授業回数の2/3以上)の場
合に、成績評価S、A、B、Cの成績評価を行います。成績評価は、課題発表点数
(50点満点)および課題レポート点数(50点満点)の合計点(100点満点)
にて行います。
 

履修のポイント
留意事項

 セラミックス材料工学に関する概念を復習しておくことが望ましく、原著論文を教
材として用いる場合がありますので、必要に応じて、英和辞書などを持参してくださ
い。
 

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理化学専攻              修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成