授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 修士論文
授業科目の区分 大学院科目    最終審査及び試験
担当教員名及び
連絡先

生命化学領域:金森審子,蟹江治,小島直也,笹川昇,中田宗
宏,松下操,水谷隆太,片山秀和,黒田泰弘,清水佳隆,高橋哲
夫
応用化学領域:秋山泰伸,淺香隆,稲津敏行,功刀義人,佐藤正
志,長瀬裕,樋口昌史,岡村陽介,毛塚智子
原子力工学領域:伊藤敦,内海倫明,大江俊昭,亀山高範,松村
義人,吉田茂生,浅沼徳子
金属材料工学(材料科学)領域:葛巻徹,神保至,ブンダリッ
ヒ,松下純一,宮沢靖幸,高尻雅之
授業の目標
 専攻で開講される全授業科目の履修によって得られる専門知識を踏まえて、応用
理化学研究ゼミナール1,2,3,4で行った研究テーマに関する内容を論文とし
て纏め、最終的には修士論文公聴会にて発表することが目標である。
 この目標をクリアするためには、セメスター毎に行われるゼミナールを通して、
自らの研究内容を充分に理解することは勿論、必要なデータの取得方法とその解析
方法について熟知していることが要求される。また、研究を取り巻く状況について
も冷静に判断し、客観的な立場でものごとを考える力を身につけてもらう。
 この様な少人数あるいは個別指導を通して、各領域に関するより高度な専門的知
識と研究の実施方法が教授される。これらを通じて、技術論文の作法を学ぶばかり
ではなく、問題発見・解決能力と研究開発に携わる研究者・技術者の素養と窮理と
を培うことを目的とする。

成績評価の方法
 研究に対する取り組み姿勢と、修士論文公聴会における質疑応答と、提出した修
士論文の内容によって合否を決定する。
履修のポイント
留意事項

 修士論文は2年間に行った学術研究の集大成である。各自の研究成果は研究指導教員の
もとで学会への論文投稿や学会発表をする機会が与えられるであろう。そのためにも各
自の研究テーマを注意深く探求し、努力を惜しまずに勤勉に徹することが望まれる。
 研究を進めるに当たり、実験を行う機会が多くなるが、くれぐれも怪我をしないよう
にお互いに注意し合うよう心掛けることが大切である。
 論文執筆のためには関連文献の多読・精読が不可欠であり、日々の研鑽が肝要であ
る。
 自らが遂行し実現したことを論文としてまとめる作業は、さまざまな技術や能力が試
されることになるので、これらに対して積極的に取り組む姿勢が期待される。また、こ
れらの技術および能力は修了後の各自のキャリアにとって非常に重要である。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理化学専攻              修士課程 必修

2016/09/14 10:15:06 作成