授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 レーザー工学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

園田義人
授業の目標
レーザーは一般の自然光や人工光と違い位相の揃った特異な光(コヒーレント光)と
して多くの特徴と付加価値を有し、その応用の範囲は極めて広い。光通信、光メモ
リ、光入出力機器、光情報処理技術など高度情報社会を支える技術の他、化学、機
械加工、医療、半導体工業、等の多岐の分野に新技術をもたらしている。本講義で
は、特にレーザーの基礎編として、電子から生まれる光子・光波の基礎・レーザー
発振の基礎・レーザーの種類・レーザー光の特徴と利用、等を中心に講義を行う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

次週の調査(予習)の課題内容を毎回与えるので、対象範囲を事前に調べると共に、要
点を報告書にまとめてくること。


学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              生産工学専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成