授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 機械制御工学特論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

大友 篤
授業の目標
本講義は機械制御工学特論Uと関連した講義であり、現代制御理論について学習す
る。ラプラス変換に基づく古典制御理論と状態空間による制御対象をモデル化して
取り扱う現代制御理論は異なった理論のもとに成り立っている。古典制御理論はあ
る面で直感的な理解ができる場合があり、現代制御理論を学ぶにあたって古典制御
理論を知っておくことは理解を早めるものである。このことから、本講義では、古
典制御理論をまず復習する。つぎに、現代制御の基礎となる、状態空間法に基づく
状態方程式、可制御・可観測などを学ぶ。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

輪講形式で授業を行う。ラプラス変換、行列式、微積に関して基礎知識を学んでおくこ
とが望ましい。
学部・学科必修/選択の別
産業工学研究科              生産工学専攻               修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成