授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 空間情報処理特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

濱本 和彦 教授
授業の目標
本講義では,コンピュータで「時空間」情報を扱うための情報処理技術およびそれに
よって変化する情報処理の概念や世界観について講義する。まず,コンピー他の発展
と空間情報処理,バーチャルリアリティの登場,それらの基本概念について述べ,こ
れら空間情報を再生するためのディスプレイ技術,空間情報にアクセスするためのイ
ンタフェース技術について論じる。次に,空間情報の表現方法と処理技術に関する
「空間情報処理基礎」について講義する。次に,バーチャル空間と実空間の融合技術
など異種情報を統合・共有する技術について講義する。また,ネットワークを介して
空間情報を転送・共有する技術,テレイグジスタンスについても言及する。最後に,
空間情報処理が実現することによるコンピュータの役割の変化,人間の生活における
新しいコミュニケーションの形について論じる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

実空間が情報空間として利用されることによる情報処理の概念の変化が社会にどのような
影響を与えるかについて,問題意識を持ちながら授業に臨んで欲しい。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学研究科             情報通信学専攻              修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成