授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 計算機工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

清水 尚彦 教授
授業の目標
電子計算機は、超小型組込みシステムから大規模なクラウドシステムまで、その応
用範囲は多岐に渡っている。すべての応用分野に単一の解はなく、応用分野ごと、
さまざまな規模および構成の計算機が開発され実用化されている。本科目は、電子
計算機の基本的な構成と、現代的な計算機に実装される各種方式について解説し、
電子計算機のアーキテクチャとマイクロアーキテクチャの実装方法について、机上
だけではなく、電子計算機のハードウェア記述言語による設計コードを用いて議論
する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

ブール代数、C言語などの基本的な知識を有していることが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
情報通信学研究科             情報通信学専攻              修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成