授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 臨床工学インターンシップ2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

望月 明教授
授業の目標
臨床工学インターンシップ1を受講した学生は、必要に応じてさらに医療機関での
実習を継続して履修することができる。学生は受け入れ医療機関での指導者との相
談により、自らの関心領域について実践的な技術の涵養と臨床研究の方法について
学ぶ。生命維持装置、透析装置などの医療機器の操作、維持管理、安全管理などに
ついて、より高度な実習を行う。臨床工学インターンシップ1同様、実習の成果に
ついてレポートを作成し、本専攻指導教員に報告しなければならない。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

レポートの内容が十分なものであるか。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                医用生体工学専攻             修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成