授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 観光システム理論研究1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

田中 伸彦
授業の目標
 観光システム理論研究は、観光を、文化、社会、経済、政治等の人文・社会現象のみ
ならず、科学や技術、さらには人間による自然の利活用をも含む、文明(人間営為の総
体)という大きなシステムのサブ・システムをなすことに着目し、観光に関わる諸事象
を総体的に研究し、その研究結果の観光産業分野への応用を目指すものである。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本講義では、観光という、文明のサブシステムを、同じく文明のサブシステムであるが
「レジャー」という、観光よりも上位のシステム内に位置づけ、その学術的把握を試みると
ともに、レジャーの本質とは何かを究明する。

学部・学科必修/選択の別
文学研究科                観光学専攻                修士課程 選択

2016/09/14 10:15:06 作成