授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 世界と日本
授業科目の区分 現代教養科目    文理共通科目
授業の目標
東海大学に在籍する留学生は卒業後、国際的な場での活躍が求められる。つまり、留学生は日本語と日本につ
いての知識だけでなく、国際社会についての認識が必要とされる。履修者は、自国の歴史を理解していること
のみならず、国際社会との相互関係を理解する必要がある。そして、自らの立場を明確にし、同時に相手の立
場を尊重する考え方を学ぶことを目標とする。また、より正確な社会科学の用語を理解し使用することは、日
本語による高度な相互理解にもつながる。
先修条件または
他の授業科目との関連

「日本の文化社会」との関連は冷戦期の日本の立場を理解するためには重要である。明治維新から太平洋戦争
終結に伴い、日本は「民主主義国家」と「近代市民社会」を新たな目標に掲げ、日本社会全体の構築を目指し
てきたことを理解しておく必要がある。
履修のポイント
留意事項

この授業は、様々な国籍、専攻分野の学生が履修する。そのために、自国の歴史を理解し、分かりやすく相手に伝え
る必要がある。履修学生の国々の冷戦史における普遍性を抽出することが求められる。
学部・学科必修/選択の別
文学部 選択
観光学部 選択
政治経済学部 選択
法学部 選択
教養学部 選択
体育学部 選択
理学部 選択
情報理工学部 選択
工学部 選択
海洋学部 選択
医学部 選択
健康科学部 選択
国際文化学部 選択
情報通信学部 選択
農学部 選択
生物学部 選択
経営学部 選択
基盤工学部 選択

2017/09/15 10:17:55 作成