授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 化学概論
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 化学の授業で取り扱う主題は物質の組織、構造、反応であるが、単にこれらの主
題を学ぶだけではなく、化学の発展課程から近代化学まで体系的に学ぶことによ
り、化学を通して自然を理解し、柔軟な考えと創造力を持った人間となる手がかり
を得ることを目標としている。本講義では、化学の歴史から始まり、物質の性質と
構造の関係、原子構造、化学結合(分子の構造)と物質の性質、物質の3態(気体、
液体、個体)、反応の種類、反応速度、化学平衡、炭素化合物については基礎から
応用までを範囲に論ずる。

 授業で育成する力・スキル
  全学共通:自ら考える力、挑み力

先修条件または
他の授業科目との関連

1.先修条件はない。副専攻科目として化学関連の科目を履修することを希望す
 る場合には履修していることが望ましい。
2.化学概論の授業内容は「化学実験」と関係が深いため、合わせて履修することが
 望ましい。
履修のポイント
留意事項

1.高等学校で化学を学んでいない学生は、高校の化学の教科書を予習しておくことが望
 ましい。授業中は授業に積極的に参加し、授業で展開されている事柄を一緒に考える
 習慣、色々なことに疑問を持つ習慣を身につけることを心がけることが必要である。
2.中学校・高等学校の教員免許状を取得希望の場合は必ず履修のこと。
 専門科目として開講しているが、単に単位を充足するための履修とは考えないこと。
3.成績は定期試験、中間試験、小テスト、受講態度などを総合してつける。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択
理学部 物理学科 選択
工学部 原子力工学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成