授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 国際法
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
  国際法は、国際社会の構成単位である国家や国際組織の間の関係を規律するが、
いくつかの点で国内法と性格を異にする。本授業ではそのような国際法の基本的性
質を理解し、その対象分野全般にわたる基礎的知識を得ることを目的とする。ま
た、現在の国際社会の諸問題を取り上げ、国際法の観点から見ることも重要な要素
である。具体的には、国際法の法的性格、特に国内法との関係、条約と慣習国際
法、国際法の主体(国家、国際機構、個人)、国家の成立要件と国家承認、国家承
継、国家の国際法上の責任、国家機関(外交使節、軍隊)の国際的権能、国家の基本
的権利・義務、国家領域および国際化地域(国際運河・河川、南極)、海洋と空
(領空、宇宙)の国際法、人権、経済、環境に関する国際法、国際紛争の平和的解
決、国際安全保障などをとりあげる。国際法の基本的原則・規則が現実の問題にい
かに適用され、解決されるかについての専門的知識と思考力を養うことも目標であ
る。
先修条件または
他の授業科目との関連

  先修条件はない。しかし国際社会に関する幅広い関心と知識が求められるので、
3セメ以降に履修することが望ましい。なお、法学部法律学科で開講されている
「国際法2」、「海洋・宇宙法」、「国際人権法」は本講義を補完し、発展させる
内容をもつので、履修する際には、本講義の後に履修することが望ましい。

履修のポイント
留意事項

  ヨーロッパ史、国際政治等の知識は国際法の発展の背景をなすので、重要である。国
際法は国際社会に適用される法であるので、国際関係や国際政治の知識が有用であり、
受講者は新聞などにより国際的時事問題の知識を得ていただきたい。また、講義対象は
多岐にわたるので毎回教科書の予習をすることが必要である。

 

学部・学科必修/選択の別
文学部 文明学科 随意(卒業単位に含まない)
文学部 広報メディア学科 随意(卒業単位に含まない)
文学部 心理・社会学科 随意(卒業単位に含まない)
政治経済学部 経済学科 随意(卒業単位に含まない)
政治経済学部 経営学科 随意(卒業単位に含まない)
教養学部 人間環境学科                                    社会環境課程 選択

2017/12/04 15:03:08 作成