授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 物理学演習
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 本講義は、物理学の講義で習得した基礎的な知識・考え方について、平易な解説と演習
を通して深めていくことと必要な計算技法を習得することを目的として開講します。
 物理学演習では、最も簡単な系である質点系の運動法則を中心に、ニュートンの運動法
則の復習から出発し、仕事・エネルギー・運動量・角運動量などについて演習を中心に学
びます。さらに、これらの概念を剛体と呼ばれる系(変形しない巨視的な物体)に拡張し
て適用する方法について演習を通して学習します。
 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「工学を理解するための基礎
力」です。

先修条件または
他の授業科目との関連

 先修条件はありません。物理学の基礎知識が必要となりますので、「物理学A、B」を先も
しくは同時に履修することが望ましいです。


履修のポイント
留意事項

 物理学を理解するためには、多くの演習問題を解くことが必要です。本科目では演習を多く実
施しますので、積極的な態度で授業に望んで欲しいです。


学部・学科必修/選択の別
工学部 光・画像工学科 選択
工学部 材料科学科 選択
工学部 機械工学科 選択
工学部 航空宇宙学科               航空宇宙学専攻 選択

2017/12/04 15:03:08 作成