授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 物理学概論
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 本科目は、中学・高校の教員を目指す学生の教職科目として開講するもので、物理
学の概要を理解し、物理学的なものの見方を修得することを目的としている。現代の
物理学は、力学、電磁気学、熱力学、量子力学などに大別される。限られた時間の中
で物理学全体を網羅することが難しい故、講義では、力学を出発点としマクロの現象
論の視点に加え、物質を構成する分子・原子の挙動についても理解が進むようミクロ
の視点の話も展開する。単なる講義に終わらないよう、実例や演習問題などもおりま
ぜて基礎に重点をおき進めてゆく。

授業で育成する力・スキル:
 全学共通:自ら考える力、挑み力
 学  部:専門性に対応できる基礎力
 学  科:物理法則の理解力

先修条件または
他の授業科目との関連

 物理学実験(コンピュータ活用)と密接に関係しており、概論と実験の両方の単位
修得が望まれる。また、本課程で開講される物理系主専攻選択科目との関係が深い。
履修のポイント
留意事項

(1)指定した参考文献以外にも、各自自分の理解状況に応じた参考文献を見いだし、
      自己啓発することが大切である。
(2)教職を目指す学生に応じた授業内容で開講されることに留意されたい。
学部・学科必修/選択の別
教養学部 人間環境学科                                    自然環境課程 選択
理学部 化学科 必修
工学部 生命化学科 随意(卒業単位に含まない)
工学部 応用化学科 随意(卒業単位に含まない)
工学部 原子力工学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成