授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 海洋実習2
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 海洋実習2は、海洋実習1をベースとして、海洋学部として育成する力の一つで
ある、「海・自然を知る:海を通して地球や自然の仕組みを理解する」をさらに培
うことを目的として開講される。本実習では、海洋の科学的理解や海洋開発、海洋
利用の基礎となる海洋観測を実際に自分で実施し、体験的に海洋の実態を理解す
る。本実習は、海洋実習1と同様に、本学所有の海洋調査研修船「望星丸」上に
て行う。船上では2泊3日の船上集団生活を行いつつ、海洋調査の基本技術を自ら実
施して修得する。さらに、各学科の専門分野を含む実習内容とする。
 実習において学生は、複数班に分かれ、教員の指導の下、採水、測温、プランク
トン採取、航海計器利用の実際、気象・海象観測、採泥、潮流等の観測を実際に各自
で実施する。また乗船前のガイダンス及び下船後のレポート作成を合わせて、上記目
標の達成をはかる。

先修条件または
他の授業科目との関連

 先修条件は海洋実習1及び第3セメスターから履修可。関連する授業科目として
は海洋実習3であり、この科目への導入科目として重要である。さらに、各学科で
開講される海洋関係の講義への導入とフィールドワークとしての役割がある。

履修のポイント
留意事項

 乗船は複数学科の混乗となる場合があり、原則として夏季休暇期間中などを利用して
実施する。実習後に各観測結果に基づき、主として駿河湾の海況について、学部共通課
題レポートが課され、各学科の担当教員によって評価される。各学生の乗船期間につい
ては、乗船の運航予定が決定され次第通知するので掲示等に留意のこと。
学部・学科必修/選択の別
海洋学部 海洋文明学科 必修
海洋学部 環境社会学科 必修
海洋学部 海洋地球科学科 必修
海洋学部 水産学科                 生物生産学専攻 必修
海洋学部 水産学科                 食品科学専攻 必修
海洋学部 海洋生物学科 必修
海洋学部 航海工学科                航海学専攻 必修
海洋学部 航海工学科                海洋機械工学専攻 必修

2017/12/04 15:03:08 作成