授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 動物飼料学
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 粗飼料や濃厚飼料の飼料としての特性,飼料成分とその栄養価を概説する.エネ
ルギー飼料とタンパク質飼料を基礎として家畜やペットを飼育する場合の給与方法
を例示するとともに,飼料の組み合わせについても説明し,放牧飼育についても言
及する.また,ミネラル・ビタミン・各種飼料添加剤の飼料としての重要性につい
て説明し,飼料と家畜との関係についての理解を深める.これらを踏まえ,飼料を
家畜に給与する場合の飼料配合の考え方とその方法を具体的に提示する.同時に家
畜を飼育するに当たっての飼料計算等の練習を行う.

授業で育成する力・スキル
全学共通:   自ら考える力
農学部:    人と自然の調和を創造する力
応用動物科学科:適正な動物生産を創造する力,
        人と動物の適正な関係を創造する力
先修条件または
他の授業科目との関連

1)関連科目:世界の畜産,動物栄養学,地域動物論,草地学
2)先修条件:特記事項なし



履修のポイント
留意事項

 本科目は,動物飼育・生産科学関連科目に属し,飼料がもつ栄養特性を生産に活用す
るための理論を理解することが重要である.本学で行う家畜人工授精講習会を受講する
ためには,本科目を履修し,単位を取得しなければならない.

学部・学科必修/選択の別
農学部 応用植物科学科 選択
農学部 応用動物科学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成