授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 植物細胞工学
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 一部の組織があれば完全な植物体形成が可能であるという,植物に特異的な
「分化全能性」と呼ばれる性質を利用することで,生物工学(バイテク)と呼ばれ
る一連の技術が確立された.この手法では,有性生殖を経由しない,遺伝子・細胞
レベルでの遺伝的な改良が可能となるため,育種(品種改良)において,これまで
になかった新たな展開が可能である.そこで本講義では,細胞融合,遺伝組換え等
の細胞工学的手法による育種法について論述するとともに,これらの手法で改良し
た植物体におけるDNAレベルでの分析法について解説を加える.

授業で育成する力・スキル
全学共通:自ら考える力
農学部:自然の仕組みと生命の尊さを理解する力
応用植物科学科:先端技術の修得と実践力
先修条件または
他の授業科目との関連

 植物バイオテクノロジー入門,植物育種学との関連が深く,これらの科目を受講
していた方が理解が容易となる.

履修のポイント
留意事項

 本講義の内容として,生物工学的手法による植物の遺伝的改良法から,DNAの分析法ま
でを含む.1回目の講義で,この内容において興味を持っている事項,理解を深めたい事
項をアンケートで調査し,適宜その内容について説明を加える.

 特に教科書は使用しないため,講義時間内に配布する資料,および講義内容を常に整
理しておくよう心がけること.

学部・学科必修/選択の別
農学部 応用植物科学科 選択
農学部 バイオサイエンス学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成