授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 創作表現1
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
小説を中心とした文章表現による創作の授業です。履修者は各自作品を制作して提出
し、履修者が相互に作品を批評する「合評」に参加することになります。
文学作品の創作は、創作者各人の才能と努力によるところが大きいのですが、講師に
よる作品の講評に耳を傾け、合評によって複数の読み手の理解の仕方を知ることは、
自らの表現力を高めるための大きな手助けとなるでしょう。また、創作という「産み
の苦しみ」の過程を経ることによって、様々な文学作品への理解が深まることも期待
されます。
<この科目で育成することを目指す力:「自ら考える力」「的確な文章を書く力」
「個々の経験に新しい表現を与える力」>

先修条件または
他の授業科目との関連

この科目は「創作表現2」の先修条件となります。授業では作品をネット上にアップ
し、それを履修者が印刷して合評の材料にするのを原則とします。コンピュータが苦
手な場合は、「基礎情報処理」や「コンピュータと文学」などを履修しておくことを
勧めます。 
履修のポイント
留意事項

この科目は、入学直後の第1セメスターの学生は取らないことを原則とします。授業で行
う合評は、他人の作品をほめたり、けなしたりすることを目的としません。あくまで「い
かに作品を読んだか」という互いの読みの交換の場であることに留意してください。
学部・学科必修/選択の別
文学部 文芸創作学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成