授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 外国文学の探究B
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
日本の文学、とりわけ近代の日本文学は外国文学の影響なしには考えられません。む
しろ、 外国文学との緊張によって成立したと言ってよいでしょう。それは過去にお
いてそうだっただけではなく、現代においても、作家(たとえば、大江健三郎、古井
由吉、村上春樹など)は海外の文学から創造的な刺激を得て創作しています。 
この授業では、古今東西の外国文学から一人の作家を選んで、社会性――その外国文
学における社会のありよう――を切り口にその文学を探究します。 
 その際、なぜ外国文学を学ぶのか――究極のところで日本語文学を豊かなものにす
るための視点を忘れてはならないでしょう。文芸創作学科の科目はすべてその視点に
立つものといってもよいのです。 
<この科目で育成することを目指す力:「自ら考える力」「文章・情報を読み解く
力」「批評的な思考力」> 

先修条件または
他の授業科目との関連

「世界の文学を読むT・U」など外国文学関係の基礎的な科目から、より踏み込んだ
授業です。 
「外国文学の探究」の「A」と「B」とでは、両者間の授業内容に特に関連はありま
せん。 

履修のポイント
留意事項

外国文学を対象とするが、当該の外国語の素養を前提とするわけではありません。 
学部・学科必修/選択の別
文学部 文芸創作学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成