授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 文学精読
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 学科の学生には、たくさんの本を読んでほしいと思います。しかし、同時に、ただ
沢山の本を読んだというだけの「読者家」にはなってほしくありません。読んだ本の
数を自慢する人は、真の読書家ではないのです。
 この授業の内容は、一冊の本、一つの作品をきちんと読むことです。そのことによ
って、履修者は、優れた文学作品には「世界の全体」が含まれているということを知
るでしょう。たくさんの本を読むこと、一冊の本を丁寧に読むこと、そのどちらも経
験している人のみが真の読書家と言えるのです。この授業を通して、そのような真の
意味での読書家に近づいてほしいと思います。
<この科目で育成することを目指す力:「自ら考える力」「文章・情報を読み解く
力」「批評的な思考力」>

先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件はありませんが、「日本の古典を読む」「世界の文学を読む」「批評の役
割」を履修しておくことを勧めます。
履修のポイント
留意事項

 この授業を通して、ある程度以上の時間をかけることによってしか得られない高度な文
学的経験を垣間見ることができるでしょう。じっくり本を読む授業ですから、浅く広い知
識を手っ取り早く手に入れたい人には向きません。
学部・学科必修/選択の別
文学部 文芸創作学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成