授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 民俗学入門
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 民俗学は、古くから伝わる民間伝承を調査するだけの学問ではありません。この授
業で取り 扱う民俗の「民」は日本民族であり、「俗」は日本の風俗文化です。民俗
学は、日本論、日本文化論であり、日本社会学、日本宗教学でもあるのです。日本
人、そして日本文化は、どこから来て、どこへ行くのか。我々が現在立脚していると
ころの生活風俗の、その起源と変遷を教えてくれ、我々がよりよく現在を生き、より
よく未来を生きていくための道しるべとなってくれる学問が、民俗学なのです。
真の国際人とは、自己の民俗を他者に説明でき、異なる民俗を持つ他者と共生できる
人のことであり、また、真の国際文化は、自己の民俗をカムフラージュしたり、他者
の民俗を軽視するところからは生まれてきません。この授業は、受講生が国際人へと
成長し、国際文化を創造するための一助となるでしょう。自己の民俗を自覚し、民俗
学的思考方法を身に付けてもらいたいのです。 
<この科目で育成することを目指す力:「自ら考える力」「文章・情報を読み解く
力」「人間と世界に関する認識力」> 

先修条件または
他の授業科目との関連

「文芸批評入門」「批評の役割」と関連するところがあります。 
履修のポイント
留意事項

 この授業では、教員と学生である君たちの生活風俗、生活感情を浮き彫りにさせるべ
く、君たちに質問し、私とのディスカッションを求めることがあります。積極的な姿勢
で、授業に参加してほしい。
学部・学科必修/選択の別
文学部 文芸創作学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成