授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コンピュータと文学B
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
  文学の世界と切り離せない関係にあったかと思われていた紙による出版が、危機を
迎える一方で、電子出版が普及期を迎えました。しかし、電子出版の基盤であるコン
ピュータもインターネットも、紙の出版に較べれば、まだ短い歴史しか持ちません。
ですから、電子出版が単純に紙媒体に取って替わることができるかと言えば、そこに
は実は様々な問題があります。例えば、漢字をどう表記するかといったことも、万人
が納得するような解決は得ることは難しいのです。
 この授業では、上記の問題点を考察するため、文字と漢字の基礎について考察しま
す。また、電子の文字と、手書きあるいは印刷された文字の相違について理解を深
め、電子出版の可能性について考えます。
<この科目で育成することを目指す力:「自ら考える力」」「文章・情報を読み解く
力」「意見や情報を伝える力」>

先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件はありませんが、パソコンの操作に自信のない場合は、「基礎情報処理」を
履修しておくことが望ましい。
履修のポイント
留意事項

この授業は、履修者が最低限パソコンでワープロを使い、Eメールを送受できる能力をも
っていることが前提となります。授業はパソコン室で実習をまじえながら進めますが、上
記の通り、パソコン操作の上達を目的としていない点に留意してください。
学部・学科必修/選択の別
文学部 文芸創作学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成