授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 詩論と作品
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
 詩作品とは、ポエジー(詩情・詩味)を言語によって表象化したものです。どんな
ものにポエジーを見出すかは人それぞれの感性によって異なるでしょう。しかし、た
とえポエジーが感性的なものであっても、言語を経由する以上、詩作品には必ず理性
が関わってきます。詩においても、理論というものが作品を独特の仕方で貫いている
のです。ポエジーが感性的なものであればあるほど、逆にその「ジャンルの掟」とも
いうべき存在に意識的でなければ、そのポエジーは詩作品へとは結実しません。
 この授業では、実作品を例にして、詩の理論を学び、詩という「ジャンルの掟」を
身につけることを目標にします。
<この科目で育成することを目指す力:「自ら考える力」「文章・情報を読み解く
力」「批評的な思考力」> 

先修条件または
他の授業科目との関連

「詩学入門」を先修条件とします。 
履修のポイント
留意事項

「詩学入門」で学んだ詩学も土台にして、感性豊かで、なおかつ勝手気ままではない詩 
の実作を要求することもあるので、履修者は真摯な姿勢で授業に臨んでほしい。

学部・学科必修/選択の別
文学部 文芸創作学科 選択

2017/12/04 15:03:08 作成