授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 高周波回路
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
高周波信号を有線伝送するためのTEM導波路について、伝送線路理論をもとに詳述し
ます。電信方程式(線路方程式)から導出した一般解をもとに、伝送線路の特性につ
いて解説するとともに、伝送線路の特性を表現する各種パラメータについて紹介しま
す。また、インピーダンス整合の状態の視覚的表現方法であるスミスチャートの基礎
について解説します。伝送線路理論はアンテナの給電線からプリント配線まで、あら
ゆる伝送線路の基礎となる重要な理論であり、通信技術者は本理論を熟知しているこ
とが要求されます。

 本授業により育成する力・スキルは、「自ら考える力」、「工学を理解するための基礎
力」、「国家資格を有し公益に寄与する力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件はありませんが、第4セメスターで履修することが好ましいです。
関連科目は、電気回路1、2、3および電気回路演習です。
履修のポイント
留意事項

授業に加え、予習、復習を行うことで、内容の理解に努めて下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2017/09/15 10:17:55 作成