授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電子デバイス
授業科目の区分 主専攻科目    学科開講科目
授業の目標
この授業では、電子素子(デバイス)の動作原理、構造、使用法を理解するために、ま
ず、量子力学を用いて半導体中の電子の振る舞いと半導体のエネルギーバンド構造の
形成が説明されます。次に、p型・n型半導体の特性を学び、電子デバイスの基本構
造であるpn接合とその応用であるダイオードについて説明されます。また制御素子
として最も重要なトランジスタ、電力制御用サイリスタなどの動作原理、構造、使用
法を学びます。さらに真空中での電子の振る舞いを利用する電子管(真空管)について
も説明されます。

本授業により育成する力・スキルは、「挑み力」、「時代の変化に対応する専門力」、
「国家資格を有し公益に寄与する力」です。
先修条件または
他の授業科目との関連

先修条件はありませんが、第5セメスターで履修することが好ましいです。
本講義は、電子機器コースの専門科目として開講されます。
履修のポイント
留意事項

授業に加え、予習、復習を行うことで、内容の理解に努めて下さい。
学部・学科必修/選択の別
工学部 電気電子工学科 選択

2017/09/15 10:17:55 作成